【秋のキャンペーン!2017年9月22日~2017年11月22日まで限定】
転倒予防靴下3足以上ご注文でもう1足プレゼント!! ご希望のプレゼント靴下は、お電話又はインターネット注文入力の「その他お問い合わせ」欄からお願いいたします。

靴下 > 短下肢装具(外内反足・背屈補助ベルト)コーポレーションパールスター製


外内反足・背屈補助ベルト:(株)コーポレーションパールスター

「短下肢装具」株式会社 コーポレーションパールスターは、下垂足や足部の麻痺後遺症に対し専用の転倒予防靴下に装着する外内反足・背屈補助ベルトの短下肢装具を、広島大学大学院との共同研究で開発。
「転倒予防靴下」は、特殊な編み型を組み合わせた加工により、足を上げると(遊脚中)自然につま先が上に上がります。それにより、すり足歩行の高齢者や軽い下垂足の方が、わずかな段差につまずき転倒することを防ぐことができます。そして、今回、転倒予防靴下(通常タイプ)を改良し、片手でも履ける「ストラップ付き足矯正靴下」を開発しました。

つま先が上がる靴下として周知される商品となった『転倒予防靴下(転倒防止靴下)』や『片手で履ける転倒予防靴下』だけでは、つま先を上げる機能が弱いという方や足部の麻痺の方向けに、『転倒予防靴下(転倒防止靴下)』のオプション商品として専用の『片手で履ける転倒予防靴下』に装着する短下肢装具『外内反足・背屈補助ベルト』を初めて商品化しました。

プラスチック型短下肢装具外内反足・背屈補助ベルト
一般的に利用者の多いプラスチック型短下肢装具でも、「装具の装着が煩わしい」という利用者からの声が多くあり、コーポレーションパールスター社では広島大学大学院との共同研究で医療分野に特化した手軽な短下肢装具『外内反足・背屈補助ベルト』の開発を行い、市販の短下肢装具に代わる日用品として利用されることで「普段着の靴・パンツが履けない」、「室内では歩きづらい」など従来の利用者からの問題点を解決し、①装具に比べて軽量で簡便、②市販靴で使える、③片麻痺でも片手で装着できる、④室内でも使い易いのが特徴の短下肢装具となっております。
ストラップ靴下の特徴は、靴下に装着するベルトにより足関節背屈と足趾伸展補助、ウィンドラス機能の補助、内反足・外反足の修正が行われる。これが歩行動作の安定性向上につながり、足部の麻痺後遺症やお子様の内反足、外反足への装具のひとつとしてご使用いただけます。
足部の下垂足の持ち上げは、左右のベルトのひっぱり具合の強弱によって外内反足を自由に調整することが可能です。
専用の『片手で履ける転倒予防靴下』と『外内反足・背屈補助ベルト』は着脱式なので、プラスチック製とは違い必要のない時は簡単に外して畳んでしまっておくことが可能ですので持ち運びを心配する必要もありません。『転倒予防靴下(転倒防止靴下)』同様に、すでにテレビや新聞等のメディアでも紹介され始めている注目の新商品です。
旧タイプ短下肢装具:外内反足・背屈補助ベルト新タイプ短下肢装具:外内反足・背屈補助ベルト外内反足・背屈補助ベルトは2012年8月初旬より、新タイプに切り替わって販売しております。(サイズや材質等は全て同じです)

旧タイプではたたみやすい帯状になっていましたが、装着時に短下肢装具を交差させてから靴下に止める動作が必要でした。しかし、新タイプでは装着の時に交差させる作業をなくし、初めから交差をさせた状態で帯状には戻せないよう作られております。
そのため、交差させる時に迷ったり、間違った着用を防げる効果を期待して、より手軽になった短下肢装具を詳しくご案内致します。

外内反足・背屈補助ベルトの仕組み

『外内反足・背屈補助ベルト』を装着するには、ベルトのマジックテープが靴下のゴム口に着く別売の『片手で履ける転倒予防靴下』をご購入してください。

(※専用靴下の履き口は、ベルトのマジックテープが着くように特殊加工しています。)

ベルトを装着する靴下として開発の『片手で履ける転倒予防靴下』(写真)を履きます。『左足用ベルト』は、床に置いた状態で交差したベルトの右側が緑色、左が青色の輪っかとなります。『右足用ベルト』は、床に置いた状態で交差したベルトの右側が青色、左が緑色の輪っかとなります。
新タイプの外内反足・背屈補助ベルトは、扱い易いようにベルトを交差させリング止めしています。着け方は横ベルトと交差ベルトの間に、写真の様につま先を入れるだけでとても簡単です。(左足の装着写真)写真は専用の片手で履ける転倒予防靴下に装着した例で、2本のベルトで外内反足・背屈が自由に調整できます。

 

外内反足・背屈補助ベルトの使用方法

下記の画像は右足用の着用説明です。
『片手で履ける転倒予防靴下』を履きます。

① 『外内反足・背屈補助ベルト』が装着できる片手で履ける転倒予防靴下(写真は別売ピンク色)をご準備してください。②床に置いた状態にします。扱い易いように交差ベルトはリング止めにしています。(画像)③次に横ベルトと交差ベルトの間に、写真の様につま先を入れてください 。
④ 青色輪っかベルトで足首を巻くようにして靴下の履き口に止めます。ベルトのマジックテープが履き口に止まります。⑤ 緑色の輪っかベルトを足の内側より、足首を巻くように引っ張り、前の④のベルトの上に装着し固定します。⑥ 『外内反足・背屈補助ベルト』右足の正しい装着例です。

お手入れについては、洗剤のご使用は避けてください。そして、洗いの回数はなるべく少なくし、ぬるま湯につけ置き洗いしてください。

 

短下肢装具 外内反足・背屈補助ベルトに関してのよくあるご質問


短下肢装具 外内反足・背屈補助ベルトに関してのよくあるご質問をまとめました。

:外内反足・背屈補助ベルトは何処で買えますか?

:転倒予防靴下を考案した(株)コーポレーションパールスター社が平成24年8月に生産を始めた新商品です。平成24年9月1日時点では(株)リリーネットの通販でのご購入となりますが、全国送料無料で販売しております。

:外内反足・背屈補助ベルトは専用の片手で履ける転倒予防靴下しか使えないのですか?

:ベルトに着けてあるマジックテープは専用靴下に着くように特殊加工をしていますので、できるだけセットでのご使用をお薦め致します。他の靴下や素足の上からでは1本目のベルトが足首に固定されませんが外内反足・背屈補助ベルトは装着することができます。在宅では素足でのお過ごしも多くありますのでお試しいただければと思います。

:外内反足・背屈補助ベルトの洗濯についてのお尋ねです。

:耐久性が低下しますので洗剤を使用しての洗濯は避けてください。洗い方法はぬるま湯につけ置きとし、極力洗い回数を少なくします。また、お風呂でのご使用も避けてください。

 

メディア紹介事例

『知恵の輪ニッポン(TSSテレビ・WEBサイト)』にて、コーポレーションパールスター社の『外内反足・背屈補助ベルト』が紹介されました。 『転倒予防靴下』、『外内反足・背屈補助ベルト』の開発エピソード、医療現場の様子、会社の紹介などが、動画や写真画像などを用いて紹介されています。 『知恵の輪ニッポン』サイト参照

知恵の輪ニッポン:コーポレーションパールスター

知恵の輪ニッポンにて紹介されました。
詳しくはこちらのサイトからご覧ください。(音が流れます)

 

種類について

サイズは2サイズ、左足用と右足用の2種類を取り揃えております。

※一般の靴下は装着できませんので、別売の片手で履ける転倒予防靴下をお買い求めください。

Mサイズ足サイズ 22.5㎝ ~ 24.5㎝右足用・左足用
Lサイズ足サイズ 25.0㎝ ~ 27.0㎝右足用・左足用

 

左右の見分け方

『外内反足・背屈補助ベルト』には、「左足用」と「右足用」の2種類があります。
サイズは、「Mサイズ(足サイズ:22.5~24.5cm)」と「Lサイズ(25.0~27.0cm)」の2種類があります。
ベルトを交差した時に足の内側に緑色輪っかベルトがくれば、正しい装着方向となります。

短下肢装具(外内反足・背屈補助ベルト)コーポレーションパールスター製

短下肢装具(外内反足・背屈補助ベルト)コーポレーションパールスター製

  販売価格(税込) 2,700 円   通常価格: 2,700 円  購入時追加ポイント: 135 Pt
 関連カテゴリ: 靴下 > 補助具
右足・左足の別
内外反足・背屈補助ベルト用サイズ
個  数

カゴに入れる

タイプ・サイズ・色など複数の選択項目がある場合、
購入時は先に左側の選択肢を選び、全ての選択項目を選択し終えた後「カゴに入れる」ボタンを押して下さい。


関連商品 (この商品を買った人は次の商品も合わせて購入しています)
片手で履ける転倒予防靴下コーポレーションパールスター製

片手で履ける転倒予防靴下コーポレーションパールスター製

価格(税込) 1,620 円

外内反足・背屈補助ベルトをお求めのお客様は、片手で履ける転倒予防靴下をお買い上げください。
『転倒予防靴下(通常タイプ)』、『片手で履ける転倒予防靴下』だけでは、つま先を上げる機能が弱いという方や足部の麻痺の方向けに、短下肢装具『外内反足・背屈補助ベルト』を装着する専用の靴下です。

転倒防止靴下・転倒予防靴下のリリーネットへの電話でのお問い合わせはこちらから

このページのTOPへ
Copyright (C) 2015 転倒予防靴下・外反母趾靴下のリリーネット All rights reserved.